今後どうなる?

太陽光発電高額買い取り制度が始まって10年経ちました。
買い取り制度が終わる方もおられ,今までの利益は今後受け取れなくなりますが
(余った電気は,今後電力会社と個別交渉?10円以下)
如何にうまく利用するかが今後の課題になります。
どうしても昼間の発電が多くなるので売電の妙味は薄くなります。
そのためには蓄電池に昼間つくった電気をためることが大事になってきます。

一般家庭で1日で使用する電力は,約18.5Kwhとして
太陽光発電1kwあたり3.0kWh発電するとして5kwを載せていたら
昼間1日15kwhの電力を生みます。
この電力を夜いかに効率よく使えるようにするかが今後の課題になります。

蓄電池に対する国からの補助金はなくなりましたが
地方自治体では色々あるみたいです。
例えば福山市上限30万円(45件分)です。

ただ国産の蓄電池は,容量が小さく100万円以上します。

価格的には,テスラモーターのパワーウォール2
これが14kwhで617,000円(補助金の対象外?)
ただ販売されているのでしょうか?

GW中読んだ本のなかで書かれていたことが
仮にEV自動車が普及した場合,原子力発電所が100基以上必要となると
この現実をどう見るか
(火力,石炭で発電した場合,意味がなくなる)

(県工事)
4/19に完了検査が終わりやっと解放されたと思ったら
GW明け本日担当からメールが
「いやーな予感」はっきり言ってメールを開くのが怖い
メールを開いたら案の定電子納品した分を国土交通省基準でチェックしてくださいと
提出時にソフトの担当者の方が国土交通省基準でチェックできるがその場合
色々操作が難しい
(はっきり覚えていないが今の状態で行うとエラーが出る)ので
県の様式でチェックしますとのことで
(県はそこまで精度を求めていないのでこれでいいです。)
提出しました。
問題なかったと安堵していたのですが…
また憂鬱な日々が…
これが提出できないと入金どうなるのかなぁ~


[PR]
by deep3141 | 2018-05-07 10:16 | Comments(0)